ホノルル空港

ホノルル空港の入国審査はけっこう待つ、空港からタクシーに乗ってワイキキのホテルへ移動、タクシー料金は43ドル

Pocket
LINEで送る

羽田空港からANAのビジネスクラスに乗って7時間30分後、ホノルル空港に到着しました。

飛行機を降りて建物の外に出ます。

ちなみに、「ホノルル空港」は2017年4月27日に「ダニエル・K・イノウエ国際空港」に変更になりました。

ダニエル・K・イノウエさんは日系アメリカ人初の連邦上院議員だった人です。

空港内から、南国って感じの暑さを感じます。

こんなアロハな感じのバスに乗って、別の建物へ移動します。

バスから見えた風景ですが、雲が厚いですね。

別の建物にはすぐに着いたのですが、ここから「入国審査(Immigration)」「スーツケース受け取り(Baggage Claim)」「税関申告(Customs Declaration)」まで1時間くらいかかりました。。

「入国審査(Immigration)」ですごく待たされました。ずーと並んで自分の順番を待っていました。

トランプ大統領の移民政策のせいか、入国審査はすごく厳しい印象を受けましたね。

「どこで働いているの?」「どんな仕事をしているの?」「前回アメリカに行ったのはいつ?」「今日泊まるホテルはどこ?」などと質問されました。

待っている間に印象的だったのは、空港内のスタッフさんで日本語が喋れる人が多かったことです。

この時点で、ハワイの日本人観光客の多さを感じましたが、この後、ワイキキに行ってさらに日本人の多さを実感しました。

やっと、空港の外へ出られました。

標識には英語の他に日本語、韓国語、中国語が書いてあります。

僕は飛行機でほとんど寝てなくて疲れていたので、とりあえずタクシーで予約したホテルまで行くことに。

標識に「タクシー/バス乗場」と書いてありますが、タクシー乗り場に行くには、空港を出て右方面に歩き、ここをさらに右に曲がります。

右に曲がったら、この道を少しまっすぐ歩き、途中で左側の道へ横断します。

この道の奥がタクシー乗り場です。

この並んでいる車は客待ちのタクシーです。

タクシーに乗ってホノルル空港からワイキキに向かいます。

お昼前くらいの時間帯でしたが、道が混んでいなくてホッとしました。

タクシーの運転手が日本人だったので、おしゃべりしながらワイキキまで向かいました。

タクシーから見える風景を見て思ったことは「ハワイは田舎っぽいな」ということです。

初めてのハワイなので、空港からワイキキまでの景色を興味津々に眺めていました。

そして、空港から20分ほどでワイキキにある「ザ リッツカールトン レジデンス ワイキキビーチ(The Ritz-Carlton Residences, Waikiki Beach)」に到着しました。

道が混んでいる時は、空港からワイキキまで1時間くらいかかる時もあるそうです。

ただ、道が混んでいなければ、通常は20〜30分で着くそうです。

料金はタクシー料金が38ドルで、チップが5ドルで、合計43ドルでした。(1ドル110円だと日本円で4,730円)

タクシーを降りる時に運転手さんに「チップ込みで43ドルでいいですか?」と尋ねられたので、「いいですよ!」と返事して支払いました。

支払いはクレジットカードでも現金払いでもOKでした。

ガイドブックには「タクシーのチップは料金の15%」と書いてありましたが、「38 x 1.15 = 43.7」となり、端数を省略して43ドルにしてくれたようです。

ワイキキでは何度もタクシーに乗ることになりましたが、降りる時にスマホの計算機アプリで「タクシー料金 x 1.15」で計算して、「チップ込みで◯◯ドルでお願いします」と言って払っていました。

Pocket
LINEで送る

以下のリンクコードをコピーして頂ければ、この記事に簡単にリンクできます。

※当サイトの写真やテキストは著作権で守られています。詳細は当サイトの写真についてをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です