米ドル

「外貨両替ドルユーロ」で日本円10万円ほどを1ドル111.14円で米ドルに両替

Pocket
LINEで送る

今回の行き先はハワイなので、米ドルの外貨両替が必要となります。

今回も前回同様に「外貨両替ドルユーロ」で外貨両替をしました。

2017年4月に両替したので、その当時のレートですが、ドル円の為替レートは「111.14円」になっています。

念のため、トラベレックスやメガバンクの為替レートも確認してみました。

三菱東京UFJ銀行は「112.20円」。

みずほ銀行は「111.87円」。

三井住友銀行は「111.90円」。

トラベレックスは「111,67円」。

ここまでを安い順(レートが良い順)にまとめると・・・

  1. 111.14円:外貨両替ドルユーロ
  2. 111,67円:トラベレックス
  3. 111.87円:みずほ銀行
  4. 111.90円:三井住友銀行
  5. 112.20円:三菱東京UFJ銀行

このように、今回も「外貨両替ドルユーロ」が一番良いレートとなっているので、「外貨両替ドルユーロ」で両替することにしました。

日本円10万円を米ドルに両替

というわけで、さっそく「外貨両替ドルユーロ」で日本円をアメリカドルに両替します。

日本円を10万円ほど両替したかったので、とりあえず「1000」アメリカドルと入力したところ、「111,140円」が必要と出ました。

10万円よりもちょっと多かったので、「日本円で計算してみる」ボタンをクリック。

入力欄に「100000」と入力すると、「100000円だと約 899 USD」と出ました。

というわけで、今度は「899」アメリカドルと入力すると、「99,915円」が必要と出ました。

「899ドルって中途半端だな・・・」と思ったので、「900」と入力すると、「100,026円」が必要と出ました。

これで進めていくことに。

アメリカはレストランやホテル、タクシーでチップを払う必要があるので、「券種希望」は「小額紙幣多め」にしようかと思ったのですが、とりあえず「通常」を選びました。

いま振り返ると「小額紙幣多め」にしておけばよかったと思っていますが・・・。

「お支払方法」は送料が700円とられてしまいますが、今回は「代金引換」を選んでみることに。

両替に必要な日本円「100,026円」と代引送料「700円」で、合計金額は「100,726円」となります。

オレンジのエリアは翌日には郵送してもらえます。早いですね。

「お届け先」を入力して、確認画面をチェックして、注文すれば両替申込完了です。

注文後、すぐにメールが届きます。

翌日に届く

翌日、午前中に見たこと無い電話番号から電話がかかってきました。

相手は郵便局の人で、「本日、簡易書留を昼頃に届ける予定ですが、自宅にいますか?」とのこと。

僕は日中は出掛ける予定が入っていたので、夜来てくださいと伝えて、翌日夜に両替した米ドルを受け取りました。

今回は「代金引換」だったので、受け取り時に日本円「100,726円」を渡しました。

中身です。

それにしても、「外貨両替ドルユーロ」はスピーディーですね。通常配送で翌日ですから。ただ、僕は前日の午前中に注文しましたが。

次回の両替はFXを使った両替を試してみたいなと思っています。

関連サイト

Pocket
LINEで送る

以下のリンクコードをコピーして頂ければ、この記事に簡単にリンクできます。

※当サイトの写真やテキストは著作権で守られています。詳細は当サイトの写真についてをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です