MoMA(ニューヨーク近代美術館)6階の特別展はマティス展

Pocket
LINEで送る



チケット購入後は、まずはエレベーターに乗って6階の特別展を見に行きました。

MoMA(ニューヨーク近代美術館)は上から下に向かって見ていくのがいいと個人的に思いました。

美術館賞って思いのほか、体力を使うんですよね。

MoMA(ニューヨーク近代美術館)の場合、メインは5階と4階の絵画と彫刻なので、体力がある前半に6階〜4階を見ることをオススメします。

僕が行った1月は特別展として「マティス展」がやっていました。

マティス展

MoMA(ニューヨーク近代美術館)は基本的に館内での写真撮影OKなのですが、特別展は写真撮影は禁止エリアとなっていました。

アンリ・マティス(Henri Matisse)は「色彩の魔術師」と言われているフランスの画家です。(1869年〜1954年)

マティス展

マティスの関連グッズ販売スペースもあります。

moma-6floor-exhibition-matisse3

6階ではマティス展の他にも、「THE FOREVER NOW」というコンテンポラリーアートの作品も展示されていました。

このスペースに展示してあった作品は、個人的にはすごく好きでしたね。

新進気鋭のアーティストの作品でしょうか。

THE FOREVER NOW

THE FOREVER NOW

THE FOREVER NOW

THE FOREVER NOW

THE FOREVER NOW

THE FOREVER NOW

MoMAは巨匠の作品だけでなく、新人発掘や隠れた名作を探すのも上手いので、個人的にはNYで一番好きな美術館ですね。

見ていて楽しい作品が多いです。

ちなみに、僕がMoMAで観た作品はインスタグラムでも公開しています。

関連リンク

Pocket
LINEで送る


以下のリンクコードをコピーして頂ければ、簡単にリンクできます。

※当サイトの写真やテキストは著作権で守られています。詳細は当サイトの写真についてをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です