食べるの大好きならチェルシーマーケット(Chelsea Market)へ行け!

Pocket
LINEで送る

ミート・パッキング・ディストリクト(Meatpacking District)のアップルストアから北へ1ブロック行くと、「チェルシーマーケット(Chelsea Market)」があります。

チェルシーマーケット(Chelsea Market)

「チェルシーマーケット(Chelsea Market)」の入っている建物は、元々はお菓子メーカーの「ナビスコ」の工場でした。

その工場を改装して、1997年に「チェルシーマーケット(Chelsea Market)」がオープンしました。

古い建物だから、貫禄がありますね。

Googleオフィス

向かいには、Googleのオフィスがあります。

チェルシーマーケットの入口

「チェルシーマーケット(Chelsea Market)」の中に入っていきます。

やはり古い建物だけあって、店内は歴史を感じます。

写真

写真

写真

写真

まず目に入ったのが、所々に展示されている子供の写真ですね。

「チェルシーマーケット(Chelsea Market)」の店内って照明が暗めなのですが、逆に写真はしっかりライトアップされているので、写真の存在感がすごかったです。

食品

食品

食品

食品

「チェルシーマーケット(Chelsea Market)」は食通のニューヨーカーも足しげく通う場所なので、食べるの大好きな人ならミート・パッキング・ディストリクトの「Gansevoort Market(ガンズブール・マーケット)」からチェルシーマーケットに移動すれば、半日は美味しそうなものに囲まれて楽しめると思いますよ。

摂取したカロリーはハイラインを往復して燃やしましょう!

野菜

野菜

もちろん、スーパーもあり野菜も売っています。

魚介類

魚介類も売っています。

アイスクリーム

アイスクリームも売ってます。

レストラン

レストラン

レストランでは通路で食べれる店もあります。

チェルシーマーケット(Chelsea Market)

チェルシーマーケット(Chelsea Market)

店内にはきれいなオブジェもあります。

チェルシーマーケットの出口

ここが出口です。

「チェルシーマーケット(Chelsea Market)」は友達と「何か美味しいモノでも食べに行こうか!」みたいなノリで行くと、すごく楽しめると思いましたね。

地図・関連リンク

Pocket
LINEで送る

以下のリンクコードをコピーして頂ければ、この記事に簡単にリンクできます。

※当サイトの写真やテキストは著作権で守られています。詳細は当サイトの写真についてをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です