ブルックリン・ブリッジ(Brooklyn Bridge)と高層ビル「New York by Gehry」

Pocket
LINEで送る

地下鉄に乗って、ブルックリン・ブリッジ(Brooklyn Bridge)まで行くことにしました。

地下鉄

Brooklyn Br. - City Hal 駅

Brooklyn Br. - City Hal 駅

「Brooklyn Br. – City Hal」という駅で降りました。けっこう、大きな駅でしたね。

駅前

駅前はちょっとした広場になっています。

この日も激寒だったので、あまり人はいないですけどね。

New York by Gehry(ニューヨーク・バイ・ゲーリー)

高層ビル

駅を出て、まず目に入ったのがこの高層ビルです。

まるで、バルセロナのガウディ建築のタワーマンション版みたいな感じのビルですね。

この高層ビルは「New York by Gehry(ニューヨーク・バイ・ゲーリー)」というタワーマンションです。

以前は、Beekman Tower(ビークマン・タワー)という名前のマンションだったそうですが、変更したみたいです。

New York by Gehry

Wikipedaによると、高さ265mの76階建てで、居住用ビルとして世界で12番目に高く、西半球では二番目の高さのマンションということです。

確かに、かなり高いですし、ブルックリン・ブリッジ(Brooklyn Bridge)から見ても一番目立つ高層ビルですね。

New York by Gehry

家賃をチェックしてみたのですが、公式サイトには以下のように公表されています。

  • Studio:2760〜3397ドル
  • 1ベッドルーム:3618〜4957ドル
  • 2ベッドルーム:7050〜8290ドル

一番安い部屋で家賃30万前後ですね。

ブルックリン・ブリッジ(Brooklyn Bridge)

標識

さっそく、ブルックリン・ブリッジ(Brooklyn Bridge)に向かいたいと思います。

ブルックリン・ブリッジ

ブルックリン・ブリッジ(Brooklyn Bridge)の入口あたりです。

遠くに小さく橋塔が見えます。

両サイドは車道ですね。

New York by Gehry

ここから見える「New York by Gehry」はハンパないです。

New York by Gehry

「New York by Gehry」の後ろには「ワン・ワールド・トレード・センター」が見えます。

ブルックリン・ブリッジ

ブルックリン・ブリッジ

少し歩くと、マンハッタン・ブリッジ(Manhattan Bridge)が見えてきました。

マンハッタン・ブリッジ(Manhattan Bridge)

ブルックリン・ブリッジ

だいぶ、1つ目の橋塔に近づいてきました。

マンハッタン・ブリッジ(Manhattan Bridge)

さらに、近づきます。

午前中は逆光なので、マンハッタン側から見ると、橋塔のディテールが見づらいですね。

ブルックリン・ブリッジ

本当なら人が入っていない写真を撮りたかったのですが、かなり早い時間帯に行かないと無理ですね。。

観光シーズンなら人だらけになると思われます。

ワイヤー

振り返ると、ワイヤー越しに「New York by Gehry」と「ワン・ワールド・トレード・センター」が見えます。

ブルックリン・ブリッジ

今まで歩いてきた道のりです。こうやって見ると、けっこう長いですね。

南京錠

南京錠がたくさん付いています。

ハートマークとか人の名前が書いてあったので、恋人同士が永遠の愛を誓ってみたいなノリのやつなんでしょうね。

ブルックリン・ブリッジ

橋塔の下は車が走っています。

ロウアー・マンハッタン

そして、右手には海とロウアー・マンハッタンのビル群が見えます。

マンハッタン・ブリッジ

左手にはマンハッタン・ブリッジが見えます。

橋塔

ブルックリン側から見た橋塔です。順光になったので、ディテールがよく見えます。(午前中はブルックリン側が順光なので、午前中に写真を撮るならブルックリン側から撮った方がいいですね。午後ならマンハッタン側の方がいいです。)

景色

この辺りから見えるマンハッタンの景色が最高です。夜は夜景がきれいでしょうね。

橋塔

ブルックリン側の橋塔まで来ました。

ブルックリン・ブリッジから見たマンハッタン方面の景色

もうちょっとで橋を渡り終わる位置のマンハッタン方面の景色です。

この日は寒いだけでなく、風も強かったので、ここまで来るまでに体が冷えきってしまいました。。

ブルックリン・ブリッジの終点

ブルックリン・ブリッジの終点です。ここまで来ると、ワン・ワールド・トレード・センターが一番目立ちますね。

ちなみに、ブルックリン・ブリッジ(Brooklyn Bridge)は1869年に建設が始まり、1883年に完成しました。

完成するまでに14年もかかったんですね。

しかも、完成するまでに20人以上の人が事故で亡くなったそうです。

完成当時は自殺の名所でもあったとか・・・。

ブルックリン・ブリッジ(Brooklyn Bridge)はアメリカで一番古い吊り橋であり、世界で初めて鋼鉄のワイヤーを作った橋でもあります。

また、橋の長さが1132メートルで、当時は世界で一番長い橋でもありました。

今となっては歴史を感じる橋ですが、当時としては革新的な技術を使って作った橋だったんですね。

地図・関連リンク

Pocket
LINEで送る

以下のリンクコードをコピーして頂ければ、この記事に簡単にリンクできます。

※当サイトの写真やテキストは著作権で守られています。詳細は当サイトの写真についてをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です