エアアジアでシンガポール・チャンギ国際空港からクアラルンプール・KLIA2へ移動

Pocket
LINEで送る


シンガポールを離れ、マレーシアの首都クアラルンプールに向かいます。

グランド ハイアット シンガポール(Grand Hyatt Singapore)からタクシーに乗って、チャンギ国際空港へ。

30分弱でチャンギ国際空港に着きました。

今回は初めての格安航空(LCC)の「エアアジア(AirAsia)」です。

航空券は事前にエクスペディアで購入していますが、航空券が5,904円、スーツケース預け入れが19シンガポールドル、通常シート(Standard Seats)からホットシート(Hot Seats)へのアップグレードが17シンガポールドルでした。

全部合わせても日本円で1万円以下です。安いですね〜。

参考:シンガポール〜クアラルンプールの移動はエアアジアならたったの5000円!

空港内に入ると、エアアジアのチェックイン待ちの人が並んでいます。

「この列に並ぶの、ダルいなぁ〜」と思っていたのですが・・・

僕は「ホットシート(Hot Seats)」にアップグレードしたせいか、ホットシート専用のチェックインカウンターでチェックインできたので、たいして並ばずにチェックインできました。

「Bag-Drop」でスーツケースを預けます。

チェックインが終わったので、搭乗ゲートへ向かいます。

チャンギ国際空港のターミナル1は、普通の空港という印象でした。

竹中工務店が受注した2017年開業予定のターミナル4が最先端の空港になるみたいですね。

これに乗るみたいです。エアアジアの機体デザインはポップでオシャレですね。

エアアジアの機体の中に入りました。

ホットシートの人が優先的に機内に入れてもらえます。

シートが真っ黒で、入った瞬間、ちょっと迫力を感じてしまいました。

でも、飛行機自体はすごく小さいという印象です。

それと余談ですが、ANAのCAは高齢化を感じたのですが、エアアジアのCAは若くてきれいな人が多かったですね。笑 しかも、茶髪OKみたいです。

この赤いシート2列が、機内中間にあるホットシートです。僕はここの1席を予約しました。

ホットシート(Hot Seats)は通常シート(Standard Seats)よりも広いスペースとなっていますが、それでもANAのビジネスクラスなどと比べるとだいぶ狭いです。ANAのエコノミークラスと同じくらいでしょうか。

通常シート(Standard Seats)は、たぶんANAのエコノミークラスよりも狭いような気がします。

まぁ、料金が全く違うので、比較すること自体がナンセンスかもしれません。

それと、ホットシート(Hot Seats)を予約していないのに、ずうずうしく座っていたおじさんが2人いました。。笑

でも、ボーディング前にCAに注意されて通常シート(Standard Seats)に戻っていきました。

ただ、その通常シート(Standard Seats)もその人の本当の席かどうか危うい感じでしたね。テキトーに空いている席に移動していましたから。。

こういった人は、ある意味「旅慣れている」のかもしれないけど、ちょっとセコいですよね。。「金払えよ」って感じました・・・。

前方にもプレミアシートがあります。

前方のプレミアシートは人気があるようで、ほぼ埋まっていました。

逆に、僕が予約した機内中間にあるホットシート(Hot Seats)は、12席中3席しか埋まっていませんでした。

クアラルンプール国際空港に着いてから分かったのですが、到着したら前の席から順に外に出るので、前方のプレミアムシートの方が人気のようです。

早く出れれば、入国審査も早く済みますからね。

メニューです。全て有料になります。

価格はマレーシアの通貨リンギット(MYR)表記になっています。10MYRならだいたい日本円で250〜300円くらいです。

ただし、このメニューにあるもの全てが注文できるわけではないようです。注文できるものと注文できないものがあります。

シンガポール〜マレーシア・クアラルンプールだと、飛行時間は1時間弱なので、何も注文できないかもしれません。

飛行時間が短いほど、注文できるものが少ないようです。

逆に、日本〜マレーシアのように7時間くらい乗る場合は、ほぼ全てのメニューが注文できるのではないでしょうか?

僕はこの日は何も注文しませんでしたが、後日、またエアアジアに乗った時に、試しに「BREAKFAST MUFFIN」というセットメニューを注文してみました。12MYRでした。

なんとなく、懐かしい味がしましたね。

エアアジアは時間通り出発しないようです。。

この時は50分遅れで飛びましたし、その次に乗った時も55分遅れで飛びました。。

クアラルンプールに着いてから知り合った日本人の人なんて、トラブルがあって6時間も遅れて出発したそうです。。

倒産した「てるみくらぶ」もそうですが、旅行業界は「安かろう、悪かろう」が当てはまる業界かもしれません・・・。

かといって、ビジネスクラスは高すぎますからね。。難しいところです。

無事、マレーシア・クアラルンプール国際空港の「KLIA2」に到着しました。

シンガポール・チャンギ空港からクアラルンプールまでのフライト時間は45分くらいでした。飛んだらあっという間に着きました。

クアラルンプール国際空港には「メイン・ターミナル(KLIA)」と「KLIA2」がありますが、エアアジアなどのLCCが発着するのは「KLIA2」です。

ちなみに、「KLIA」は「Kuala Lumpur International Airport」の略です。

現地の人は「KLIA」を「ケーエルアイエー」とか「キリア」とか呼んでいるようです。

「KLIA2」はこれといって色気のない普通の空港でしたね。

「もうちょっと雰囲気が明るくてもいいかな」と思ったくらいです・・・。

※この旅は2015年11〜12月のものです。

エアアジアに乗る時の注意点

今まで2回ほど格安航空会社「エアアジア」に乗りましたが、なんとなく感じた注意点などを以下にまとめます。

  • エアアジアはターミナルがチケットが書いてないから、ターミナルを事前に確認しておいた方がいい。タクシー運転手にも聞かれるので。
  • ホテルでタクシーを呼んでもらって空港へ向かう時は、「エアアジアに乗る」と伝えるのではなく、「エアジアのインターナショナル(国際線)に乗る」と伝えないとダメ。じゃないと、国内線のエアアジアのターミナルに連れて行かれる恐れもあるので。
  • ホットシート(Hot Seats)へのアップグレードは有料だけど、たいした金額ではないのでアップグレードした方がいいと思う。チェックインの列も短いので素早くできるし、機内乗り入れも優先されるので、シートが広いだけでなく、待つことが少なくなるというメリットがある。
  • エアアジアは時間通り出発しないので、1時間くらい遅れて出発することも計画に入れておいた方がいい。
  • エアアジアの航空券はエクスペディアで安く買えるし、航空券を買った人限定でホテル割引もあるからお得。

地図・関連リンク

Pocket
LINEで送る


この記事にリンクする場合、以下のリンクコードをコピーしてお使い下さい。

※当サイトの写真やテキストは著作権で守られています。詳細は当サイトの写真についてをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です