マレー系民俗の歴史や文化が分かるマレー・ヘリテージ・センター

Pocket
LINEで送る


アラブ・ストリート(Arab St.)とは反対側のカンダハール・ストリート(Kandahar St.)からもサルタン・モスクが見えます。

Sultan Gate

どちらかと言うと、門があるのでここががサルタン・モスクの入口みたいな感じですね。この門は「Sultan Gate」と言うそうです。

そして、カンダハール・ストリート(Kandahar St.)沿いには「マレー・ヘリテージ・センター(Malay Heritage Centre)」があります。

マレー・ヘリテージ・センター(Malay Heritage Centre)

「マレー・ヘリテージ・センター(Malay Heritage Centre)」はマレー系民俗の歴史や文化を紹介する博物館です。

マレー・ヘリテージ・センター(Malay Heritage Centre)

マレー人のサルタン王が住んでいた王宮を改装して建設されたそうです。

デザインや色がオシャレですね。見た瞬間に「センスいいな〜」と思いました。

シンガポールの「National Heritage Board」に登録されている建物です。

マレー・ヘリテージ・センター(Malay Heritage Centre)

庭はかなりきっちり管理されています。

人が全くいませんが、この日は休館日でした。。

「マレー・ヘリテージ・センター」は月曜日が休館日なんです。

Mamanda

この建物は「Mamanda」というマレー料理が食べられるレストランです。

マレー・ヘリテージ・センター周辺の建物

マレー・ヘリテージ・センターの周辺にある建物も、なんだかオシャレなんですよね。

マレー・ヘリテージ・センター周辺の建物

リンクハウスですが、こじんまりとしては可愛いデザインですね。

プラナカン建築に似ています。

地図・関連リンク

Pocket
LINEで送る


この記事にリンクする場合、以下のリンクコードをコピーしてお使い下さい。

※当サイトの写真やテキストは著作権で守られています。詳細は当サイトの写真についてをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です