エメラルド・ヒル・ロードのプラナカン建築がカラフルでオシャレ!

Pocket
LINEで送る



オーチャード・ロードを歩いていると、なんとなく雰囲気が良さそうな路地を見つけました。

カラフルな外観のレストラン

僕の冒険心が騒いだので、奥まで行ってみることに。

僕の旅のテーマは「その先の向こうへ・・・」なので!

路地を奥に

案の定、イイ感じの世界が広がっていました。

隠れ家的なカフェ

隠れ家的なカフェがありました。ここは、ヤバイ!

建物がカラフルで可愛いですね。

隠れ家的なカフェ

僕がシンガポール在住で、日本から友達が遊びに来たら、ここに連れて行きそう・・・。そんな素敵なエリアです。

建物がオシャレ

とにかく、建物がオシャレ!

「こんな家に住んだら楽しいだろうなぁ〜」と純粋に思っちゃうような雰囲気です。

オーチャード・ロード

後ろを振り返ると、オーチャード・ロードがまだ見えます。

標識

この標識を見て、初めてこの通りの名前が分かりました。

「Emerald Hill Rd(エメラルド・ヒル・ロード)」という名前のストリートなんですね。

日本語訳すると「エメラルドの丘」です!

ヤバイ、名前もオシャレ!

「丘」というだけあって、緩やかな坂道になっています。

Emerald Hill(エメラルド・ヒル)

後で調べて分かったのですが、「Emerald Hill(エメラルド・ヒル)」にあるオシャレな建物は「プラナカン様式」とか「プラナカン建築」と言うそうです。

プラナカン様式の建物

「プラナカン」とは、15世紀末からマレーシアやシンガポールにやってきた、中国系移民の子孫のことです。

中国系移民の子孫たちは現地の女性と結婚し、中国とマレーの文化をルーツに、アジアやヨーロッパの文化を混ぜ合わせ、独自の華やかな文化を創りあげました。

それが「プラナカン文化」です。

シンガポールにはプラナカンの人々と文化を紹介する「プラナカン博物館」もあるので、今度シンガポールに行ったら立ち寄ってみたいですね。

プラナカン様式の建物

米Wikipediaによると、この「Emerald Hill Rd(エメラルド・ヒル・ロード)」は1901年に区画され、1925年にかけて道路沿いに家が建てられたそうです。

今では保護地域になっているようですね。

プラナカン様式の建物

ぱっと見、横幅が狭い家なので、小さな家のように見えますが、奥行きがあるので実際にはけっこう広いとか。

お宅訪問とかしてみたいですね。

プラナカン様式の建物

プラナカンは貿易で儲かったので、お金持ちが多いそうです。

建物自体も有名建築家によるデザインだとか。

プラナカン様式の建物

シンガポールって都会なんだけど、自然が多いのがいいですよね。

東京に比べると、圧倒的に緑が多いです。

でかい木

赤道に近い熱帯雨林に位置しているので、こんなでかい木も普通にあります。

でかい木

すごいっすね。重みで斜めってます。

自然が多い

家の出入口に植木があるのとないのとでは、だいぶ印象が変わってくるでしょうね。

シンガポールに来て思ったことは、「やっぱり自然と共に暮らすのは大事だ」ということですね。

花

花

花も南国っぽい感じで素敵です。

高級車

エメラルド・ヒルに住んでいる人はかなりの金持ちだと思います。

金持ちじゃないと、こんなところ住めないですね。

高級車

シンガポールって車は日本の倍くらい高いのですが、それでも2台も持っている家が多かったですね。

しかも、1台は高級車というパターンが多かったです。

高級車

ベンツとか当たり前ですからね。

高級車

日本だと東京ミッドタウンのリッツカールトンホテルの入口に行くと、高級車がたくさん駐車していて、シンガポールみたいな超富裕層が織りなす別世界を垣間見ることができます。

プラナカン様式の建物

マレーシアにはリンクハウスといって、1つ1つの家が隣り合ってくっついている家に住むのが一般的ですが、プラナカン建築もマレー文化であるリンクハウスの影響を受けていることが分かります。

隣の家の声とか聞こえてこないのでしょうか?

プラナカン様式の建物

プラナカン様式の建物

エメラルドヒル

プラナカン様式の建物

プラナカン様式の建物の通路

夕方になると急にスコール(雨)が降るので、こういった雨宿りできる屋根はシンガポールでは必須です。

FOR RENT

「FOR RENT」とあります。家賃はどのくらいなのでしょうか?

ウェブサイトのアドレスが書いてあったので、見てみたのですが、値段は書いてないですね。

http://www.isabelredrup.com

Emerald Hill Duplex

ただ、シンガポールの住宅やマンションは東京よりは高いので、かなりの額だと思われます。

アジアだとシンガポールと香港の住宅価格は、東京以上の価格帯になっています。

Residences at Emerald Hill

日本だと「六本木ヒルズに住んでいる」と聞くと、「おっ!」とか思いますが、シンガポールでは「エメラルドヒルに住んでいる」ということが同じようなブランドになるのかな?

Emerald Hill Rd

この辺りで、プラナカン建築は終わり、普通のマンションが出てきます。

コンドミニアム

このコンドミニアムもかっこいですね〜。

オーチャードロードに買い物に行ったら、ぜひエメラルド・ヒル・ロードもチェックしてみるといいでしょう。品のいいセレブの匂いがプンプンします。

地図・関連リンク

Pocket
LINEで送る


この記事にリンクする場合、以下のリンクコードをコピーしてお使い下さい。

※当サイトの写真やテキストは著作権で守られています。詳細は当サイトの写真についてをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です