ホイットニー美術館はハイラインに移転のため閉館中でした・・・

Pocket
LINEで送る



メトロポリタン美術館に行った翌日、ホイットニー美術館(Whitney Museum of American Art)に行ってみました。

whitney-museum-of-american-art1

ホイットニー美術館はアッパー・イースト・サイドのマディソン・アベニュー沿いの75th Stにあります。

まさに、セレブの街にある美術館という感じですね。

20〜21世紀のアメリカンアートをたくさん所蔵している美術館です。個人的にはMoMA(ニューヨーク近代美術館)の次に好きなニューヨークの美術館ですね。

ちなみに、現地では「ホイットニー」という発音では通じません。「ウィットニー」と言うと通じます。「ウィッキーさん」みたいな感じの発音です 笑

旧ホイットニー美術館

階段みたいな形をした外観ですが、設計をしたのはバウハウス(ドイツのデザイン学校)出身で建築家・家具デザイナーのマルセル・ブロイヤー(Marcel Breuer)です。

彼がデザインした家具ではワシリー・チェアが比較的有名なので、見たことがあるかもしれません。

ワシリー・チェア

40万円弱する椅子ですが、自転車の製法からヒントを得て、スチールパイプで作られています。

2015年1月、ホイットニー美術館は閉館中でした・・・

旧ホイットニー美術館の館内

僕が行ったのは1月で寒かったので、早く中に入ろうと思ったのでさすが、なんと閉館中でした・・・。

僕の他にも、何人か来ていましたね。。

閉館の理由ですが、ホイットニー美術館は新しい場所に移転中なんですね。

すでに、2014年10月に閉館していたそうです。

事前に確認しておけばよかったのですが、僕は事前調査を一切せずにノリで来ちゃいました。。

この美術館は、今後はメトロポリタン美術館の別館になるそうです。

新しいホイットニー美術館はハイライン最南端へ移動

ホイットニー美術館

新しいホイットニー美術館の移転先はハイラインの最南端です。

オープンは2015年5月1日なので、もうオープンしていますね。

ハイラインができて、ミート・パッキング・ディストリクトにクールな店が増えて、新ホイットニー美術館がオープンして、ハドソンヤードが完成したら、ニューヨークの人の流れは完全に変わるでしょうね。

今後、ニューヨークの流行はハイライン近隣から生まれるようになると思います。

そして、5年後にはミート・パッキング・ディストリクトは様変わりして、クールなホテルやレストランやギャラリーが増えていると思います。

ホイットニー美術館

新しい建物の設計はイタリアの建築家・レンゾ・ピアノ(Renzo Piano)が担当。スイスのパウル・クレー・センターを設計した建築家です。

建設は2010年から開始。

新しい場所に新ホイットニー美術館を建てるために、7.6億ドルを調達する必要があったそうです。1ドル120円計算だと912億円ですね。

ホイットニー美術館は3回目の移転

調べてみると、ホイットニー美術館って今回が3回目の移転なんですね。

1931年に自身も彫刻家であったホイットニー夫人(Gertrude Vanderbilt Whitney/ガートルード・ヴァンダービルト・ホイットニー)がグリニッジ・ヴィレッジの8th Stにあったアトリエを美術館に改装してオープン。

1954年にMoMAの近くの54th Stに移転。

1966年にアッパーイーストサイドに移転。

2015年にハイライン最南端の場所に移転。

今度、ニューヨークに行ったらぜひホイットニー美術館には行ってみたいと思います!

ハドソンリバー沿いなので、美術館から見える夕日もきれいでしょうね。

地図・関連リンク

◎新ホイットニー美術館(ハイライン最南端)

◎旧ホイットニー美術館(アッパー・イースト・サイドのマディソン・アベニュー)

Pocket
LINEで送る


この記事にリンクする場合、以下のリンクコードをコピーしてお使い下さい。

※当サイトの写真やテキストは著作権で守られています。詳細は当サイトの写真についてをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です