ジョン・レノンが住んでいたダコタハウスと真冬のセントラルパーク

Pocket
LINEで送る



MoMA(ニューヨーク近代美術館)の次は、メトロポリタン美術館に行くことに。

地下鉄駅

ホテル近くの駅から地下鉄に乗って、「72 Street Station」で降りました。

駅から外に出ると、まず目に入ったのはダコタ・ハウス(The Dakota)です。

ダコタ・ハウス

ジョン・レノンとオノ・ヨーコが住んでいたアパートメントですね。

そして、1980年12月8日にこのアパートの南口玄関でジョン・レノンがマーク・チャップマンに射殺された場所でもあります。

ジョン・レノンは40歳でした。

ダコタ・ハウス

この写真の玄関が南口玄関なので、まさにここがジョン・レノンが殺害された場所です。

ダコタ・ハウスは一見すると、普通のアパートメントに見えなくはないですが、実は高級集合住宅で入居審査がNYで最も厳しい言われているアパートメントでもあります。

収入が多いというだけでは審査に通らず、過去にはビリー・ジョエルやマドンナなども入居拒否されています。

セントラル・パーク

ダコタ・ハウスはセントラルパーク沿いにあるので、目の前にはセントラルが広がります。

ダコタ・ハウス

ジョン・レノンとオノ・ヨーコが住んでいた部屋は、まさにセントラル・パークが見渡せられる側の最上階の角部屋です。(赤丸を付けた部屋)

ジョン・レノンはこの部屋からセントラル・パークを眺めながら曲を作っていたのでしょうか?

ストロベリー・フィールズ

セントラル・パークに入ると、すぐに「ストロベリー・フィールズ」の看板がありました。

ストロベリー・フィールズ

ストロベリー・フィールズは亡くなったジョン・レノンに捧げられた記念碑として1985年10月9日に造園されました。

セントラル・パーク

この日の午前中の気温はマイナス8度というあり得ない寒さだったので、みんな完全防備しています。(僕がNYに行ったのは1月です)

ここからセントラル・パークを西(West)から東(East)へと横断して、メトロポリタン美術館に向かいます。

セントラル・パーク

セントラル・パーク

セントラル・パーク

セントラル・パーク

マイナス8度って本当に寒いですね。。たぶん、僕が今までの人生で体験した一番寒い日になったと思います。

体の芯から冷えきり、実際、頬を触った時に少し硬くなっているように感じました。喋るのがちょっときつい感じです。。

ベンチに座ってゆっくりしている人なんて一人もいません。一番元気があったのがリスですから。

メトロポリタン美術館に入ってビックリしたのが、一眼レフカメラのレンズが暫くの間ずーと曇ったままなんです。

外と室内の温度差にレンズもビックリしちゃったようです・・・。

セントラル・パーク沿いの歩道

やっとセントラル・パークを横断できました。

この歩道の先にメトロポリタン美術館があります。

僕はセントラル・パークは大好きな公園の1つなので、今度は暖かい時期に来て、セントラル・パークでゆっくりしたいですね。

真冬のセントラル・パークは鬼寒いだけでなく、オバケが出そうな雰囲気で淋しげでした。。

地図・関連リンク

ダコタ・ハウス

ストロベリー・フィールズ

Pocket
LINEで送る


この記事にリンクする場合、以下のリンクコードをコピーしてお使い下さい。

※当サイトの写真やテキストは著作権で守られています。詳細は当サイトの写真についてをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です