数々の映画の舞台となったプラザホテルと地下1階のプラザ・フードホール

Pocket
LINEで送る



アッパー・イースト・サイドを南に向かって歩き、セントラル・パークの最南端にあたる59ストリートまできたところで、プラザホテルが見えてきました。

プラザホテル

1985年9月に「プラザ合意」が行われた歴史あるホテルですね。

G5(アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、日本)が為替レートの安定化に関する合意をした場所です。

プラザホテル

目の前には「Apple Store Fifth Avenue(アップルストア五番街)」があります。

新型iPhoneが発売される度に行列ができて、ニュースでよく見かけるアップルストアですね。

アップルストアとプラザホテル

「Apple Store Fifth Avenue(アップルストア五番街)」の入口はスケルトンのキューブになっているので、プラザホテルが透けて見えます。

「Apple Store Fifth Avenue(アップルストア五番街)」は2006年5月19日にオープンしましたが、プラザホテルは1907年にオープンしているので、約100年の差があります。

プラザホテル

プラザホテルの左後ろに見えるガラス張りの高層ビルは「One57」という75階建て、高さ306メートルのタワーマンションです。

2014年完成なので、比較的新しいマンションですね。

部屋からセントラルパークを見渡せる部屋だと、分譲で数十億円とか・・・。

ニューヨークではタワーマンションが増えていますが、高額すぎて一般の人に手の届かない価格なので、部屋不足は解消されないそうです。

結局、ファンドなどが買って、空室のままということも多いそうですね。

ニューヨークのタワーマンション事情については、次回のリサーチテーマにしたいと思っています。

プラザホテル

プラザホテルはウォルドーフ・アストリアと並んでニューヨークを代表する歴史あるホテルです。

しかし、宿泊料金は大幅に違います。

ウォルドーフ・アストリアは2万円台から宿泊できますが、プラザホテルは1泊8万円台からと非常に高額です。スイートだと1泊20万円以上します。

プラザホテルは2004年に6億7500万ドルで不動産会社エラッド・プロパティーズに買収され、2005年5月に休業しました。

そして、2008年3日に営業再開しましたが、部屋の多くは高級コンドミニアム(分譲販売の部屋)となり、ホテルとしての客室は大幅に減ってしまいました。

レジデンス専用の入口

こちらはレジデンス(住民)専用の入口です。

休業前はセントラル・パークを見渡せる北側の部屋は人気で、北側の部屋というだけで一気に料金が跳ね上がっていたそうですが、現在は北側の部屋のほとんどは高級コンドミニアムとなっているそうです。

プラザホテルはスコット・フィッツジェラルドの小説の舞台にもなっています。そもそも、フィッツジェラルドと妻のゼルダはプラザホテルのパトロンだったそうです。

また、ビートルズやマドンナ、マイケル・ジョーダン、故ケネディ元米大統領など世界のVIPが宿泊したホテルでもあります。

マイルス・デイビスはプラザホテルのとある部屋で1958年にライブアルバムを録音しました。

さらに、プラザホテルは以下の映画の撮影にも使われました。

  • ホームアローン2
  • 華麗なるギャツビー
  • 北北西に進路を取れ
  • クロコダイル・ダンディー1&2
  • おかしなホテル(PLAZA SUITE)
  • 追憶
  • ファニー・ガール
  • コットンクラブ

セントラル・パーク

プラザホテルの北側の目の前にはセントラル・パークが広がります。

プラザ・フードホール

プラザホテルの北側には「THE PLAZA FOOD HALL(プラザ・フードホール)」の入口があります。

「THE PLAZA FOOD HALL(プラザ・フードホール)」は宿泊客やレジデンスの住人だけでなく、一般の人も入って食事ができます。

プラザ・フードホール

プラザ・フードホール

プラザ・フードホール

「THE PLAZA FOOD HALL(プラザ・フードホール)」って照明がオシャレなんですけど、とにかく照明が暗いです。。

ずーといると、目が疲れてくるくらい店内は暗いですね。

プラザ・フードホール

プラザ・フードホール

プラザ・フードホール

店内には様々なレストランが入っていて、けっこう混んでいましたね。

どれも美味しそうなものばかりだったので、今度NYに来た時はプラザホテルに泊まって、プラザ・フードホールでゆっくり食事でもして、その後、セントラル・パークを散歩でもしたいですね!

地図・関連リンク

Pocket
LINEで送る


この記事にリンクする場合、以下のリンクコードをコピーしてお使い下さい。

※当サイトの写真やテキストは著作権で守られています。詳細は当サイトの写真についてをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です