横浜から成田空港へのアクセス方法〜バスと電車はどっちがいいの?

Pocket
LINEで送る


今回のニューヨークの旅は、成田空港からANA(全日空)に乗ってジョン・F・ケネディ(JFK)国際空港へ行きます。

できれば、羽田空港から飛びたかったのですが、このあたりがマイルで航空券を買うことの限界の1つですね。自由度が低いです。

skyticket(スカイチケット)」や「YAZIKITA(ヤジキタ)」のようなサイトなら、羽田空港発のニューヨーク行きビジネスクラスを予約できますからね。

横浜から成田空港へのアクセス方法

さて、横浜から成田空港へのアクセス方法ですが、大きく分けると2つあります。

  1. バス
  2. 電車

それぞれの時間や料金をチェックしてみようと思います!

バスで横浜から成田空港まで行く

横浜からはYCAT(ワイキャット)という空港行きのバスが出ています。

このバスに乗ると、成田空港と羽田空港に行くことができます。

YCAT(横浜シティ・エア・ターミナル)のオフィシャルページ

YCATとは「Yokohama City Air Terminal(横浜シティ・エア・ターミナル)」の略です。

YCAT(ワイキャット)の乗り場はスカイビルの1Fです。横浜SOGOの隣にあるマルイが入っているビルですね。同じフロアにスタバもあって、いつも混んでいます。コンビニのローソンも近くにあります。

JRの改札からは徒歩5分ほどです。改札からYCATまでの道のりは時間帯によっては人混みがすごいので、荷物が多い人だと、たった5分の移動でも大変かもしれません。

横浜SOGOの入り口の前の道を右に向かって、エスカレーターに乗って地下2Fから1Fまで行きます。

YCAT(ワイキャット)の空港までの時間と料金は以下の通りです。

YCAT 横浜発
行き先 時間 料金
成田空港 85分(第2旅客ターミナル)
90分(第1旅客ターミナル南ウィング)
95分(第3旅客ターミナル)
片道3,600円
往復6,000円
羽田空港 24分(国内線第1ターミナル)
29分(国内線第2ターミナル)
35分(国際線ターミナル)
片道580円
往復960円

僕は以前、YCAT(ワイキャット)に乗って成田空港に行ったことがありますが、ちょうど85分で「第1旅客ターミナル」に着きましたね。

成田空港の場合、先に「第2旅客ターミナル」に止まって、次に「第1旅客ターミナル」に止まります。

往復チケットなら片道3000円で済ませることができます。

出発時刻は始発が5:15、最終が19:30で、基本的に20分に1本出ています。

時刻表はこちらのページで見ることができます。

バスというと、渋滞の心配がありますが、YCAT(ワイキャット)のスタッフさん曰く、85〜120分(2時間)くらいで到着するとのことです。

2時間かかる時はかなり道が混んでいる時とか。だいたい朝7時くらいから石川町あたりの道が混み始めるそうです。

時間帯ごとの所要時間はこちらのPDFファイルで、平均時間と最大時間を見ることができます。

チケットは当日購入です。団体の場合は、成田空港行きなら事前予約することができます。(羽田空港の場合は事前予約できません)

成田空港行きは受付カウンターで購入することができますが、羽田空港行きは外の券売機(現金のみ)か車内のSuicaで支払います。

券売機は往復チケットを購入できますが、車内Suicaは片道購入のみです。

車内SuicaはスマホやApple WatchでのSuica支払いにも対応しています。

電車で横浜から成田空港まで行く

電車の場合は、「成田エクスプレス」か「普通の鈍行」で行く方法があります。

成田エクスプレスの料金は片道4,290円ですが、閑散期には200円引きの4,090円になったり、繁忙期は200円追加されて4,490円になります。

仮に、4,290円で往復すると8,580円ですから、YCAT(ワイキャット)の往復チケットに比べて2,580円ほど高くなります。

でも、バスと違って渋滞の心配がないというメリットがありますね。定刻に着きますから。

あとは、たとえば、戸塚駅から電車に乗った場合、YCATは一旦改札を出て、8分くらい歩いてYCAT乗り場まで歩かないといけないですが、成田エクスプレスなら横浜駅内での乗り換えで済みます。

横浜駅から成田空港までの成田エクスプレスの所要時間は90分(1時間30分)前後です。

なので、所要時間はYCATも成田エクスプレスもそれほど変わらないと考えてOKです。

出発時刻は始発が5:43、最終が19:29で、基本的に1時間に1〜2本出ています。

時刻表はこちらのページで見ることができます。

鈍行でも行けますが、時間は2時間以上かかります。

たとえば、「JR横須賀線(快速エアポート成田) の成田空港行き」に乗ると、時間帯によっては乗り換えなしで1本で行けますが、所要時間は2時間14分かかります。

ただし、料金は片道1,940円と一番安いです。

YCATと成田エクスプレスとエアポート成田の比較

最後に料金と所要時間とメリット・デメリットについてまとめようと思います!

横浜発〜成田空港行き
交通手段 時間 料金 メリット・デメリット
YCAT
<バス>
85〜120分、平均で90分ほど 片道3,600円
往復6,000円
渋滞に巻き込まれると予定よりも遅れる。横浜駅のJR改札から5分くらい歩く。最寄り駅が横浜駅なら一番の選択肢となりうる。
成田エクスプレス
<電車>
90分(1時間30分)前後 片道4,090〜4,490円
往復8,180〜8,980円
時間ぴったりに着くけど、料金が一番高い。最寄り駅からの乗り換えがラク。
エアポート成田
<電車>
2時間〜2時間15分 片道1,940円
往復3,880円
一番安いけど、一番時間がかかる。

少しでも安く済ませたい人なら、遅刻できない「行き」はYCATか成田エクスプレスで行って、「帰り」はエアポート成田でのんびりと帰ってくるという選択肢もありますね。

Pocket
LINEで送る


この記事にリンクする場合、以下のリンクコードをコピーしてお使い下さい。

※当サイトの写真やテキストは著作権で守られています。詳細は当サイトの写真についてをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です